ケイトウ

b0101845_1236350.jpg

ケイトウは熱帯アジア原産の栽培植物で、典型的なものは花序が帯化し、幅が広くなり、よくできたものでは花序がひだ状になる。このような花序をニワトリの鶏冠(とさか)に見立て、鶏頭と名前がついた←検索で
この頃は ケイトウ・・珍しくありませんか? 子供のころは 庭先でも 道端でも
よく見かけましたが・・・ お仏壇のお花にも入っていたような・・・
[PR]
by nobkon3n | 2006-10-19 12:38 | 散歩道から
<< セイタカアワダチソウ ルコウソウ >>